CDのご案内

「葡萄牙人情」17-18世紀ポルトガルのチェンバロ音楽

image

「葡萄牙人情」17-18世紀ポルトガルのチェンバロ音楽

\1,700


●商品詳細
葡萄牙人情 (ぽるとがるにんじょう)
17-18世紀ポルトガルのチェンバロ音楽
チェンバロ独奏 小原道雄

Portugal no Coração (ポルトガル・ノ・コラサォン)
TEMPUS CD TMPS-0003

●収録曲
マノエル・ディアス・デ・オリベイラ(1734/5-1813)
ミゼレーレ

ソウザ・カルヴァーリョ(1745-1798)
トッカータ ト短調

マヌエル・ロドリゲス・コエーリョ(1555-1635)
ナチュラルの第5旋法による作品

フランシスコ・シャヴィエル・バシーシャ(?-1787)
ソナタ ニ長調

ジャシント・ド・サクラメント(1712-?)
ソナタ ト短調

カルロス・セイシャス(1704-1742)
ソナタ ト短調
ソナタ ニ短調
ソナタ ニ短調

ドメニコ・スカルラッティ(1685-1757)
ソナタ 変ロ長調 K.473

カント・オ・ファド
(Canto o Fado ファドを歌う、アンコール)


*****************
2015年12月4日ポルト、ボンフィン教会(Igreja do Bonfim、トラック1、2、4、5、6、9)、2015年12月8日トロファ、慈しみの聖母礼拝堂(Capela da Nossa Senhora das Dores、トラック7)、2015年12月19日 ケレンサ教会(Igreja de Querença、トラック3、8、10、11)。ライブ録音のため、一部音源にノイズが入っております。悪しからずご了承下さい。

2015年は、クリスマスの時期にポルトガルバロックでのソロツアーをポルトガル各地で演奏する機会に恵まれました。クリスマス前の様々な生活と空気に溢れた各地の教会で演奏し、コンサートに来たり関わって下さったポルトガルの人達と交流できた事は、自身の音楽にも大きな栄養になりました。

また今回の選曲は偶然にも、かつて留学していたドイツのように雨や雲の多いポルトガル北部、冬だという事を忘れさせてくれるような日差しと陽気が出迎えてくれた南部アルガルヴ地方、それぞれの冬を音にしたようなものになりました。

このCD「葡萄牙人情」…ポルトガル語では「心のポルトガル」…と共に、少しでもポルトガルのクリスマスの空気をお伝え出来ればと思います。

*****************
お問い合わせはオハラズまで♪

 →CD一覧に戻る

体験レッスン

フォトアルバム
 →もっと見たい方はコチラ♪

ACCESS

〒464-0005
愛知県名古屋市千種区千代ヶ丘1番
千代ヶ丘公団109棟1109号室
TEL:090-1277-5655
営業時間:11:00 ―
アクセス:地下鉄名城線「自由ヶ丘駅」
     2番出口より徒歩17分
     バス停「光ケ丘」より徒歩3分